中古&ビンテージLeicaを買うなら!初心者にはライカM2がおすすめ!【フィルムカメラオタクが愛を込めて】

ども!俺のフィルムカメラ管理人のスズキです!

 

この記事では、ライカ(Leica)のフィルムカメラに興味があるアナタに向けて、ライカM2がレンジファインダー入門機に最適だよって話をしたいと思う。

 

ライカレンズと組み合わせて撮影した写真もバンバン載せていくから、購入の参考にしてもらえると嬉しいでーす!

 

ちなみに、記事の後半ではライカカメラや古いフィルムカメラを購入するおすすめの方法についても紹介しているのでチェックしてみてくださいな!

 

ライカM2とは?【Leica】

 

まずは、ライカのM2というフィルムカメラの概要や歴史についてかるーく解説していくよ。まぁ、あんまりウンチク垂れ流してもしょうがないんでサクっといきましょう!

 

スペックは以下の通り!

形式 機械式レンジファインダーカメラ
シャッター速度 B、1秒〜1/1000秒
機械式
横走り布幕フォーカルプレーンシャッター
露出計 なし
ファインダー倍率 0.72倍
ファインダー枠 35mm、50mm、90mm
レンズマウント ライカMマウント
巻き上げ レバー式、1ストローク
巻き戻し ノブ式
製造年 1957〜1970年

ライカM2と相性の良いカメラレンズについて

次はライカM2と相性の良い「おすすめレンズ」についても紹介するよー!

 

まぁ、ライカレンズは異常に高いので全部を試した訳では無いけど、各レンズの癖については解説出来ると思う!

 

ズミクロン50mm/F2.0

M型ボディと言えば安定のズミクロン50mm/F2.0。現代の高性能レンズにも負けないような超高解像度と、ライカレンズならではの繊細な描写力を併せ持つ、まさに「奇跡の完成度」と言って過言ではない銘球だ!

 

僕の持っているズミクロンは残念ながら前玉に傷があって本来の性能は出せないんだけど...でも、ソフトフォーカスが良い感じに掛かっていて正直俺は嫌いじゃない(笑)

 

参考画像を貼っとくねー!↓

f:id:suzuki_no_zakki:20180628140633j:plain

悪くないっしょww?  やっぱり傷があるからソフトフォーカスと同時に解像度的にも大分粗くなってしまうけど、これはこれでアリな気がするぞ(笑)

 

エルマー50mm/F3.5

次に紹介するのはM型よりも前に製造されていたバルナック型ボディ時代のレンズ。1930年代から発売されていた名球「エルマー50mm/F3.5」だ。

 

M型ボディには直接は付けられないので、Rayqual製のマウントアダプターという変換器を使って装着している。

 

ズミクロンも素晴らしいけど、俺はこのエルマーの描写が大好き!!

 

なんというか、ズミクロンに比べてドライで乾いた質感なんだけど、光に対する反応がもっとシビアな感じがするんだよね。伝わるかwww??

 

つまり、光の明るさがズミクロンだと3~8くらいまでの段階でしか表現出来ないんだけど、エルマーだと1~10までちゃんと映る感じ?日本語不自由でごめんw

 

まぁ、説明するよりも見て感じた方が早いっていうことで参考画像貼りますー↓

f:id:suzuki_no_zakki:20180628141706j:plain

 

ちょっと露光量足りなかったけど、階調の細かさが伝わるかなと!個人的にはエルマーの方が表現に深さがあるイメージだねぇ。

 

~番外編~ ツァイス(Zeiss) Plannar50mm/F2.0 for Contarex(コンタレックス)

もうライカレンズですらないんだけど、歴史に残る超名玉『プラナー』をM2に付けて撮影したことがある!

 

しかもコンタレックスっていう結構レアなフィルムカメラ専用に作られたプラナーで、中古市場でもあんまり見ないレンズ。ちなみに俺がバックパッカーで世界一周していた時にミャンマーで購入したやつ(笑)

 

当然このレンズもそのままではM2に装着出来ないから、ヤフオクに出ていたマウントアダプターを購入して装着。以下参考画像でーす!

f:id:suzuki_no_zakki:20180628195315j:plain

 

これも前玉に若干傷があったけど、それを抜きにしても繊細で柔らかい表現力が魅力的だなーと思う!