【高中正義】SUPER TAKANAKA LIVEアルバムレビュー【余裕派の一家言】

Musicおすすめ記事, 余裕派の一家言, 高中正義

高中正義というギタリストは稀なギタリストです。
現代の感性でいうと「下手くそ」と誤解されやすいギタリストでしょう。
今回は、編集部の余裕派こと後藤が、高中正義の名盤ライブアルバム『SUPER TAKANAKA LIVE』を紹介したいと思います。

SUPER TAKANAKA LIVEを生み出した高中正義とは?

さて、先ほども申し上げたように、高中正義というギタリストは稀なギタリストです。
現代の感性でいうと「下手くそ」と誤解されやすいギタリストでしょう。

私は高中正義はギタリストというよりは”音楽家”といった方が適切な気がします。

もちろんテクニックやサウンド、作曲能力は並みのギタリストでは及びもしない程素晴らしいのですが、私はいちギタリストとしてより、高中正義の音に対する感性に何よりも心を惹かれました。

これは、ただギターを思うままに操れるかどうかよりも余程大事な事だと思うのです。

ミカバンド~サディスティックスなど、数々の変遷からたどり着いた境地、SUPER TAKANAKA LIVE


ミカバンド〜サディスティックス、永ちゃんや陽水のバック、トロピカルなTAKANAKA時代、虹伝説、そして数年前の東京ジャズと、私は色々な高中正義を聴いてきましたが、彼の魅力は決して他の人では出せない奔放さ、自由さ、正直さにあると思います。

私は海外のギタリストではジェフベックやパットメセニーが好きなのですが、音楽への正直さという意味では彼らと相通じる部分があると思っています。

まぁ某L氏(編集部註:リー・リトナー)のように彼を貶すギタリストもいますが彼は音楽を表面で捉える人間ですので、高中正義の素晴らしさを理解できなくても仕方ないかと思います。もちろんL氏の音楽もある意味では素晴らしいとは思いますよ。

さて、こう書くと高中正義の音楽が非常に敷居の高いものに思えてくるかもしれませんが、高中正義の凄いところはココからでして、彼は例えばギタリスト以外のリスナーが聴いてもすんなり受け入れられるポップさやキャッチーさを、そのテクニックと一緒に非常にバランス良く表現できるのです。

SUPER TAKANAKA LIVEの高中正義はヘタじゃない!ヘタウマだ!


高中正義の奏法、つまりカッティングやアーミング、その最たるものがボリューム奏法(当時でいえばバイオリン奏法ですかね)が全て、ギタリスト的なエゴによるものではなく、あくまでも音楽のクオリティを上げるために使われていることは、やはりリスナーに対して「音楽」をやるんだ!という彼の心意気の証明でしょうね。

ギタリストと言うものは(私もそうですが)、独りよがりな奴が多いんです。しかし高中正義はそんな事にはならない。ライブの合間のおふざけも、あくまで観客と一緒に楽しむ為にやっているように見えますしね。

ですから、冒頭に書きました通り、私の中で高中正義は独りよがりなギタリストではなく、音楽をちゃんと音楽として捉える事が出来る”音楽家”なのです。ここが派手な存在感を放つギタリストとは一線を画す部分で、小手先の技術を好むギターファンが彼の音楽を軽視してしまう原因だと思います。

さて、やっと今作についてですが、今作はそんな高中正義の作曲能力、サウンドメイキング、何よりもギタリストとしての素晴らしさを思う存分に堪能できる作品となっています。

ライブですので、勢いが凄い。これだけしっかり構成された曲を一気に弾き倒す様は圧巻です。

虹伝説のライブでもそうですが、先程書いた高中正義一流の奔放さ、自由さが爆発しております。

リズムはズレる、ミストーンはある、チョーキングの音程は合わない。

それがどうしたと言わんばかりの豪快なプレイは勇気をもらうほどです。音楽の表現の自由さと多彩さ、それを今作は教えてくれます。

選曲も初期TAKANAKAのベスト的な内容ですので「高中正義とはどういうギタリストだろう」という方にはうってつけではないでしょうか。

とまぁ長々と書いてきましたが、そんなに色々考えなくても、いやむしろ考えない方が素直に楽しめる作品です。
高中正義、奥が深いです。個人的には日本一のギタリストだと思います。

【まとめ】編集部スズキより【高中正義 SUPER TAKANAKA LIVE】

さて、今回は、編集部の余裕派こと後藤が、日本史上最高のギタリスト、音楽家の1人、高中正義のSUPER TAKANAKA LIVEのレビューをお届けしました。

みなさま、いかがでしたか?

他にも日本最高のミュージシャンと言えば、細野晴臣先生のことが頭によぎりました。

どうやら編集部後藤は細野晴臣の伝説的名盤、ジャパニーズSteely Danこと『はらいそ』にも一家言あるようです。

次回の記事にもこうご期待ください。

それでは!ワフワフワフワフ!